全白地圖7pt-07.png
美人洞風景區

屏東を知る

屏東は台湾の最南端に属し、高雄の屏山より東、その名を屏東(へいとう)といい、面積

2775.6003㎢台湾西部の細長い県です。33個の市鎮鄉(日本の市町村などの区分に相当)、総人口約80万人を有し、南北の距離は100㎞を越え、海抜3092mの大武山を有し、台湾で唯一太平洋とバシー海峡に同時に面する台湾海峡の県です。広々として雄大な山と海の景色、更には豊富な自然をも育んでいます。

地圖3-03.jpg
 
恆春半島-白砂灣 (3).JPG

最も台湾らしさのある観光都市

屏東県

屏東だけでしか見られない山と海

 

屏東県は平野、高山、湾岸、半島の4種の地形に分類でき、県内には墾丁国家公園、そして茂林、大鵬灣の2つの国家風景区、中央級の原住民族文化園区、六堆客家文化園区、墾丁および双流の二つ森林レクリエーションエリア、そして潮州林後四林平地森林レクリエーションエリアと、四重渓温泉があり、更に11個の客家郷、9個の原住民郷、1個の離島琉球郷があります。自然の生態から人文と景色は屏東ならではの独特の風景です。