屏東ってどこ?

屏東は、台湾の最南端で、高雄の半屏山の東側にあります。そのため、屏東と呼ばれています。県の全体面積は2775.6003㎡で、台湾西部では最も細長い県です。合計33の郷、鎮、市を管轄していて、総人口は約85万人です。南北の距離は100kmを超え、海抜3092mの大武山にもたれかかった、台湾で唯一同時に太平洋、バシー海峡、台湾海峡に面した県市で、美しく壮大な山海の景色を作り出し、豊富な自然資源を育くんでいます。

最も台湾の雰囲気を味わえる観光都市―屏東県

 

屏東でしか見られない山と海!

屏東県の県境は4種の地形(平原、高山、海、半島)に分かれていて、県内には更に墾丁国家公園、茂林、大鵬湾国家風景区、中央政府級の原住民カルチャーパークと六堆客家カルチャーパーク、墾丁と双流2つの森林レクリエーションエリアがあり、更に潮州林後四林平地森林レクリエーションエリア、四重渓温泉があります。そして、11の客家の郷、8つの原住民の郷、離島の琉球郷があり、自然の生態から人文風景まで、屏東ならではの独特の美しい景色が見られます。

 

屏東にいらしたら是非東港を訪れて下さい

行かないと、とっても後悔しますよ!

墾丁に行った事がなければ、屏東に行ったとは言えません。ただし、屏東は墾丁だけではなく、北から南まで合計33の郷鎮市があり、それぞれの郷鎮には、それぞれ独特の観光名所があります。地元の人だけが知っているポイントもあり、旅好きな人には見逃せません。

甘い贈り物、おもいやりの心、屏東の素敵な贈り物をどうぞ

 

屏東流おもてなし

一年中春のような気候で、更に海産物やお米が豊富で、花やフルーツの天国。言うまでもなく、レンブ(ワックスアップル)、パイナップル、レモン、マンゴー、玉ねぎ、甘いナツメ、コーヒー、カカオなどの品質はどれも皆様からご称賛をいただいています。

私達の土産物は繊細で多元的かつ特色があり、全国的に有名な萬巒猪脚(豚足)、東港の3つの宝物、恒春の3つの宝物、更に原住民デザインの手工芸品等があります。屏東の山をドライブした際、屏東の海に遊びに行った際には定番のお土産をご購入いただき、ご家族、お友達に屏東のすばらしい味わいをどうぞ。

楽しく遊べて、安心して泊まれる-選りすぐりの宿

 

屏東に泊まる

2泊3日のスケジュールを組んで、地元の宿を予約して、宿のご主人の歓待(おもてなし)を受ける。台湾旅宿網(ネット)から、すばらしいご旅行にするために、認証を取得している安全な民宿を検索することができます。