hotel-bed.png

屏東にあるベスト10の民宿

旅行は景色を見たり、グルメを食べることだけでなく、いちばん重要なのは安全で心地の良いところに泊まるところでしょう。旅行者の皆さんに、より良い選択肢を提供するため、屏東県政府は優良民宿を10軒選出しました。この他にも台湾観光旅宿ウェブサイトでさらに多くの選択肢を見つけることもできるので、あなたの旅と宿泊を満足いくものにしてくれるでしょう。

 

小琉球極の宿

民宿とお部屋の特色紹介:

小琉球極の宿はこの三年の間、少しずつエコとグリーンエネルギーを推し進めて来ました。高級な設備の中であっても、情熱と思いやりで自分のアットホームな雰囲気を醸し出すことこそが、民宿の真骨頂です。

黄昏ダブルルーム→広く真っ白な空間にロマンチックなピンク色とかすみ色をあしらった部屋で、特殊な浮かぶベッドフレームとそのベールに優しく触れると、まるで雲上にいるような気分になります。

漫步四人ルーム→薄緑を基調とした室内は緑地いるような雰囲気を醸し出し、広いベランダはおしゃべりしたり、ぼーっとするのに最適です。

VIP四人ルーム→専用階段を登ると、赤黒白の現代的であか抜けたヤッピースタイルのデザイン空間がります。トップクラス海の島の旅を楽しみましょう。

砂浜六人ルーム→爽やかな青空白雲の系統色と砂浜、椰子の木が海まで伸びているかのようなシチュエーションです。浴室と洗面所は分かれており、多人数で来ても快適に使用することができます。

小琉球極の宿

TEL08-8613303 

FAX:08-8614911

日安寶貝民宿

「日安寶貝民宿」關山丘陵の上にあり、恒春縱谷、大尖山、大山母山などを広々とした視野で望むことができ、生態が豊富で、様々な木が植えられている園内でリラックスして休むことができます。

建物の外観は南フランスの庭園のような、緑を生かした建築技法で作られており、室内の窓は広く大きく作られているので、空気が室内で自然に対流するようになっています。クリエイティビティー溢れる設計や、おしゃれな手作り家具屋、壁にかけられた絵画などは皆、オーナーが伝統的な工法で作ったもので、それぞれが独特な原木の香りを放っており、田舎の雰囲気と手作り感が溢れる民宿となっています。

ロフト空間に親子で遊べるおもちゃが置かれていること以外は、室内は全体的にシンプルで、薄い温色系を基調としています。それぞれの部屋にはテラスと天然硫黄温泉があり、畑や庭など多様な施設があり、子ども達をアクティブに遊ばせることができます。毎朝、自家製有機野菜や、地元産の食材で、その朝作った新鮮な食事を提供しています。それらは各地から来た旅人達の心を和ませリラックスさせてくれることでしょう。

日安寶貝民宿

TEL08-8867565

FAX:-

 

正好友生態環保旅店

琉球郷中山路153号に位置しています。生態環保旅店に入れば壁にかけられた海亀のフィギュアと「好龜宿」の木の表札が目に入って来ます。ホテルは環境に配慮した材料で作られており、エコボディーソープやエコシャンプーを提供している他は、使い捨てのアメニティグッズは提供していません。この他にも、各客室は全て生態環境保護の理念の下に設計されています。:

文化—小琉球四人部屋は、小琉球の昔の地名と小琉球の島の形を組み合わせた壁画があります。

生態—ヤドカリ四人部屋の壁には:「足跡以外何も残さないでください…写真以外、何も持っていかないでください」と書いてあります。

環保—海洋超人2人部屋には、海洋ボランティアは定期的に海のゴミを拾っています。共に海の生態環境を守りましょうと書いてあります。

宿泊と生態ツアーを組み合わせれば、小琉球に対する理解を深め、環境保護意識を呼び起こすことにつながります。私たちの力はとても小さいですが、皆さんの協力がここ小琉球を守る大きな力になります。

正好友生態環保旅店

TEL0966-729297

FAX:-

 

有棵樹​特色民宿

ここ有棵樹から前を眺めると、北恒春、南湾、墾丁、船帆石、鵝鑾鼻燈塔、とこれらに加えてと山と海の景色が一望できます。朝、東半島の景色を眺めれば、日の出を目にすることもできます。夕方になれば、広い芝の上で親子でアクティビティーに参加してから、歩いて關山陵線に行って、ご当地B級グルメを食べることもできます。または開けた所にいって、CNNでも報道された沈みゆく夕日を楽しむこともできます。
 

ここ有棵樹には7つの客室があります。2人部屋が四つ,4人部屋二つ,3人部屋が一つでそれぞれの部屋の名前と飾り付けは違います。大量の台湾檜(ヒノキ)や欅(ケヤキ)、樟木(クスノキ)などの流木で飾られています。可動式家具も手作りです。青雪、青楓、黄楊この三つ部屋は一階にあり、部屋の外半分は広い芝と繋がっていて、ここに来た子ども達がさらに広いスペースで活動することもできます;山靛、夏橙、紫蟬、紅檜部屋は2階と3階にあり、景色のもっと素晴らしい部屋です。
 

毎朝、健康的な手作りモーニングは、手作りパン以外にもジャムと各季節の野菜を組み合わせて、健康で美味しい朝ごはんです。一番重要なことはこれがお袋の味だということです。

この民宿の当初からのデザインとして、可動式の家具を主軸とし、そこに女将のお母さんが作ったパッチワークを添えることによって、家庭的な雰囲気が感じられます。
そして展示されている手作り家具は、どれもこれも練習をし続けて、失敗から成長と反省を繰り返し、それぞれの作品の精密さと独特性を向上させ続けています。これらのプロセスを旅人達にゆっくりと披露する子ができ、それは光栄で自慢でもあると民宿のオーナーは話しています。

有棵樹​特色民宿

TEL08-8867951

FAX:08-8867952

 

沐雨鍾林靜心民宿

建物の中の空間や室内のデザインや庭のモニュメントは全て夫婦二人で作り上げました。オーナーは民宿を建てるために、電気工事士や水道関係の資格を取り、木工の資格も取りました。女将は自分で布染をデザインし、壁に絵を描き、芸術的な空間をデザインしました。

部屋は暖かく、質朴で、エレガントで、心地が良いです。南天竹と鳶尾花の二つの部屋は四人部屋で、バロック時代の北欧にいるような雰囲気を作るために、芸術的な絵画を飾りました。

落羽松部屋はヒノキの古い木材に新たな生命を吹き込んだクリエティブなデザインで、自然な森林のような雰囲気を再現しました。民宿の外観は打ち放しコンクリートのようなスタイルにデザインされ、屋根のソーラーパネルで発電をし、エコのための環境教育場所です。このグリーンビルディングの全体的なデザインは、生態系と建物の融合、省エネルギー、ごみの削減、健康的なエコ理念の4つの方向へ向かっています。

 

自然、静けさ、優雅さ、リラックス、ここは愛と和やかなナチュラルアートスペースです。鳥の声、蛙の声、風の音、雨の音、水の流れる音、都会の雑音から離れ、大自然に戻り、謙虚な気持ちで大自然に学びます。スローライフ、スローフード、スローウォーキング、ゆっくり呼吸をし、「ゆっくり」のなかで気づきを得ることができます。

沐雨鍾林靜心民宿

TEL0988-958560

FAX:-

 

波拉波拉庭園民宿

「波拉波拉民宿」のルームタイプは二人部屋、四人部屋と六人部屋があります。

南洋風に設計されてます。

人里外れた静かな庭と植物の造景が合間って、墾丁にある他の民宿とは異なった風情があります。他に子供達のために用意した和室二人部屋、四人部屋と六人部屋があり、そこで子供達が安心して寝ることができます。

民宿内に大型駐車場もあります。愛車の安全や駐車する場所の心配しなくても大丈夫です。

一階のレストランには十分なスペースがあり、約20人が同時に食事することもできます。ここでオーナーが作る毎日違うできたての美味しい朝ご飯を食べてましょう。豊富なメインディッシュ、サラダ、フルーツ、幸せは朝ごはんから始まります!

波拉波拉庭園民宿

TEL0983-909555

FAX:08-8882832

 

東津御苑

民宿の外観および客室は、オーナーが日本に住んで学んだ経験を下に設計され、日本の住宅デザインの要領で建てられました。ルームタイプの紹介:和式ダブルルーム:純正な和風で設計し、格子多く使って内外の動線を分けています。日本式シングルベッドをたたみの上に置き、濃厚な日本風宿泊体験を提供します。

洋式ダブルルーム:日本のモダン和風のデザインを採用し,格子で内外の動線を分けています。ベッドはキングサイズで、ベッドサイドには格子使って和の雰囲気を作りました。

和式三人部屋:純和風の設計で、斜めの天井と格子で飾りました。

ベッドはたたみを使ったもので、その上にマットレスを敷いています。

和式六人ファミリールーム:リビングルーム+ワンルームで設計され、ベッドは広い畳の上に、六人分のマットレスを敷いて多人数のファミリー層が旅行や休憩に使っています。

東津御苑

TEL08-8312121

FAX:-

 

小琉球星月旅店

オーナーは調査観察のためにスペインを旅して、帰国後にお姉さんと念入りに計画して、この独特なホテル「星月」を造りました。しかしお姉さんと妹さんはデザイナーではないので、いろいろな部分にまとまりがありませんでした。そこで幸いなことに、デザイナーの王鎮さんを雇うことができました。そしてアイディアやイメージを王さんに伝えました。何度かの話し合いの結果、部屋に様々な情熱的で大胆な色を使うことにしました。部屋に入ると、異国にいるような雰囲気を感じることができます。

星月ホテルは外観も独特で、一般の建築方法では実現することができません。オーナーは「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」という映画を観たあと、この映画の独特の雰囲気からインスピレーションを得て、特別に映画専門美術団隊を呼んで、外観を完成させました。